[PR]

 11月19日は「国際男性デー」。男性や男の子の健康に目を向け、ジェンダー平等を促す日として、1999年にカリブ海の島国トリニダード・トバゴで始まったとされる。国連が定めた「国際女性デー」に比べて知名度は低いが、日本でも男性の役割や健康について考える日として、少しずつ広がりを見せている。

 国際男性デーの制定を求める動きは1960年代頃からいくつかの国であり、最終的に、トリニダード・トバゴが99年11月19日に始めたのと同じ日程にまとまっていったようだ。現在、数十カ国で祝われている。

 都内でも12日、「男性は一家の大黒柱」「専業主夫は男らしくない」といった思い込みや、組織にとらわれない生き方について語り合うイベントが開かれた。女性が野心的に挑戦できる社会の実現を目指す民間団体「LEAN IN(リーン・イン) TOKYO」と、昭和女子大学ダイバーシティ推進機構が主催。性別役割分業など社会で「当たり前」とされてきた枠組みから、一歩踏み出す(lean in)ことをテーマに男性3人が対談した。

 働き方改革で知られるIT企業サイボウズの人事部マネージャー・青野誠さん(33)は、同社では男性社員でも子どもが生まれると「育休は何カ月とるの?」といった会話が飛び交うことに触れ、「かつては離職率の高いブラック企業だったが、今では『これが当たり前』とマインドが変わった。男女問わず、100人いたら100通りの働き方があっていい」と発言。自身も本業と育児をこなしながら、昨年からNPO法人の人事も兼務するようになったという。

 会社勤めの傍ら、同団体のメン…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら