[PR]

 無料通信アプリの「LINE(ライン)」は16日、誤って送ったメッセージを24時間以内なら取り消せるようにすると発表した。12月以降にできるようになるという。

 メッセージの内容を間違えたり、メッセージを送る相手を間違えたりした場合、スマートフォンのアプリ上でメッセージを長押しすると、24時間以内なら「送信取り消し」の操作ができるようにする。取り消すと、送った人と受け取った人のアプリ上の履歴からメッセージが消える。これまでは自分の履歴上のメッセージ削除はできても、相手側の履歴には残ったままだった。

 LINEで送信先を間違えるなどの行為はインターネット上では「誤爆」と呼ばれる。LINEが11月10~12日に行ったネットアンケートでは、誤ってメッセージを送ったことが「ある」と答えた人が全体の8割超を占めた。LINE広報は「利用者の使い勝手の向上とコミュニケーションの選択肢を拡大させるための機能拡充の一環」としている。(久保智)