[PR]

 大阪市で10月末にあった全日本合唱コンクール全国大会で、「合唱王国」として知られる県勢は出場4校のうち3校が金賞と、輝きを見せた。3校は中学の部の出雲市立第一と同市立斐川西、高校の部の出雲北陵中・高。中でも出雲第一は最優秀団体に贈られる文部科学大臣賞を受けた。強さの秘密を探った。

 今月11日。出雲市のビッグハート出雲で、出雲第一の合唱部は全国大会後初の定期コンサートを開いた。合唱曲やアニメソングを身ぶり手ぶりを交えて披露し、ホールに詰めかけた約350人を楽しませた。

 1949年創部でまもなく70年が経つ。全日本合唱コンクール全国大会で金賞19回、文部科学大臣賞5回の実績を誇る。顧問は浜崎香子教諭(56)。在籍していた出雲第一、斐川西を全国大会で好成績に導き、12年に出雲第一に戻った。

 指導の特徴は生徒の自立を促す…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら