[PR]

 米電気自動車(EV)メーカーのテスラは16日、新しい電気スポーツカー「ロードスター」と電気トラックの試作車を発表した。

 2020年の発売を予定するスポーツカーは4人乗りで、1回の充電で走れる距離は高速道路の場合で約1千キロと、これまでの車種から大幅に伸ばした。

 最高時速は約400キロで、1・9秒で時速約100キロに達する。トランクもあり、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「旅に出るにも十分な大きさ」と話した。米国では20万ドル(約2260万円)から。予約受け付けは16日から。

 同時に発表したトラック「セミ」は、5秒で時速約100キロに達する加速と効率性が売りだ。1回の充電で約800キロ走れる。19年から生産を始める。

 自動走行機能を搭載し、自動での車線変更や、運転中の急病などで反応がない時にレーン内を徐行して停止し、救急車を呼ぶ機能もある。

 テスラは量販型の新車種「モデル3」に37万台以上の予約を受けているが、生産が大幅に遅れている。新たな車種が加わることで、全体の生産態勢に影響が出る可能性も指摘されている。(サンフランシスコ=宮地ゆう