[PR]

 杉並区と世田谷区が、一部の職員採用選考の申込書から性別記載欄を削除した。性同一性障害など、戸籍上の性別と生活上の性の不一致に悩む性的少数者に配慮したという。23区の職員採用は大部分が全区共通のため、今回の措置は区独自に選考、採用している職種に限られるが、当事者は「他の区市町村にも広がってほしい」と話している。

 杉並区は昨年から、世田谷区は今年8月以降の募集から性別欄を削除した。杉並区が対象としたのは、正規職員のうち事務系(社会教育)▽福祉系(心理、保育士など)▽一般技術系(学芸研究)▽医療技術系(栄養士、看護師など)▽技能系(運転手、用務員など)の5職種と非常勤職員。世田谷区は「検討開始の時点で間に合わなかった」として、非常勤と技能系のみ実施した。

 両区とも「任用時は健康保険などに必要なので性別を確認するが、少なくとも選考の段階では必要ないと判断した」と説明している。2004年施行の性同一性障害者への配慮を求めた特例法を根拠に、住民票の交付申請書など他の書類からも削除を進めている。

 自治体職員の選考では、福井県…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら