[PR]

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」に県内自治体のキャラクターを使った「ご当地スタンプ」が続々と生まれている。名物や名産をテーマにしたスタンプを県内外で使ってもらい、地元のPRに役立てたい考えだ。

 笛吹市は3月、市の鳥「オオルリ」をイメージしたキャラクター「フッキー」のスタンプを作った。全40種類で、フッキーのイラストに「わりぃじゃんね」「こぴっとしろし!」などの甲州弁が添えられている。

 発案した地域おこし協力隊の木村早希さん(25)はLINEの関連会社での勤務経験があり、「市やキャラクターをもっと身近に感じてくれれば。うまくいけば『ふなっしー』のように爆発的に広がるかも」と期待する。今月16日までに約260個が購入され、「フッキーのスタンプを使っている市職員も多い」という。

 甲斐市は2015年12月に、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら