[PR]

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、電気自動車(EV)の開発や生産などに向け、2018~22年の5年間にグループ全体で計340億ユーロ(約4兆5千億円)以上を投資すると発表した。世界で自動車の「脱石油化」を目指した規制強化の動きが広がる中、EVに本腰を入れる。

 今回の投資は自動運転車の開発などにもあてられるが、大半はグループ各社のEVやハイブリッド車(HV)の開発や生産に向けられるという。VWのミュラー最高経営責任者(CEO)は声明で「今回の計画で、25年までに電動モビリティーで世界ナンバー1のプレーヤーになる礎を築く」と強調した。

 VWは排ガス不正問題を受けてディーゼル車からEVにかじを切り、今年9月には30年までにグループ全体で約300ある全車種にEVかHVを用意する計画を発表していた。(ロンドン=寺西和男)