[PR]

 大相撲の横綱日馬富士(33)が幕内貴ノ岩(27)に暴行したとされる問題で、日本相撲協会の危機管理委員会は19日、東京・国技館に日馬富士を呼んで初めて事情を聴いた。日馬富士は鳥取県警の聴取に続き、暴行を認めたという。一方、県警では、現場に居合わせた横綱白鵬らからも参考人として事情を聴く方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 協会の聴取は、高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)、協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)のほか、弁護士3人が約2時間にわたって行った。ビール瓶による殴打は否定したが、素手やカラオケのリモコンで殴ったことは認めたという。

 協会では今後、貴ノ岩や横綱鶴竜、関脇照ノ富士ら九州場所を休場している力士について県警の聴取が終わった順に話を聞き、千秋楽翌日の横綱審議委員会で状況を説明する予定。白鵬ら出場している力士は場所後に聞き取りを行う。