[PR]

 名古屋中心部のマンションが増えれば、車社会の東海地域に大きな影響が出るかも――。日本銀行名古屋支店が20日、そんな内容のリポートを公表した。車を持たないことを前提にした消費が盛んになり、小売りや飲食業は郊外店の経営が厳しくなる可能性があるという。

 名古屋市内16区のうち、会社や商業施設が多い3区(中、東、中村)で着工された分譲マンションは今年1~9月に市内全体の約60%を占めた。2010年(約25%)から割合が急増。都心のマンション建設ラッシュが続いている。

 「自動車王国」の東海地域はマ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら