[PR]

 20日午前9時半ごろ、大阪府寝屋川市内の交番に女(53)が訪れ、「子ども4人を産み落とした。バケツにコンクリートで埋めて家に置いている」と申告した。寝屋川署員が同市内の女の自宅マンションを調べたところ、押し入れの段ボール箱から、コンクリートが詰められたバケツ一つが見つかった。押し入れには、段ボール箱がほかに3個置かれていた。

 府警がAi(死亡時画像診断)と呼ばれる技術で中身を調べたところ、段ボール箱3個の中にもバケツがあり、計四つのバケツにはいずれも乳児とみられる人骨が1人分ずつ入っているのが確認できたという。府警は同日、死体遺棄事件で捜査本部を設置。死体遺棄容疑で女の逮捕状を請求した。

 捜査1課によると、女は「1992~97年に4人を産んだ。金銭的な余裕がなく、育てられないと思った。ずっと悩んでいて相談できる人もいなかった」と説明しているという。死体遺棄罪の公訴時効は3年で府警はさらに詳しい経緯を聴くとともに、死産だったのか、生後に乳児を死なせたのかを慎重に調べる。

 現場は、京阪寝屋川市駅の西約2キロにある静かな住宅街。同課によると、女は息子と2人暮らしで、15年夏に現場のマンション3階の部屋に入居したという。

 マンションの所有者の家族は「家賃は遅れがちだったが、毎月手渡しでもらっていて、その時に『こんにちは』『おはようございます』とあいさつする程度で、トラブルは特に聞いていない」と話した。近くの畳店で働く50代の男性は「昼の休憩から戻ってきたら規制線が張られ、マンションにブルーシートがかけられていた。こんなことが起きるなんて……」と戸惑った様子で話した。