[PR]

 阿寒湖の天然マリモが、約半世紀ぶりに生育地で見られるようになる――。釧路市の阿寒湖畔で21日に開かれた「マリモの保護と活用に関するプロジェクトチーム(PT)」会合で、生育地へのガイドツアーが来年度から始まることになった。地元の官民が一体となり、マリモ保護と活用の両立を目指す。

 この日の会合で、PT事務局の環境省釧路自然環境事務所と釧路市教育委員会がまとめた基本方針案が示された。生育地のチュウルイ湾周辺のガイドツアーについて、「陸路」「水路+陸路」「水路メイン」の3パターンを想定。観光協会など地元住民らが実施主体となり、当面はマリモに触れることはせず、湖岸からの観察と湖北部の森の散策をしてもらう方向だ。人数は1日10人を上限とし、外来種の侵入を防ぐ措置も施す。水路のツアーでは、保護活動の一環として、マリモに悪影響を及ぼす水草の除去にも取り組んでもらう。

 ツアーは有料とし、マリモ保護や教育普及活動の資金として活用する。2018年度から2年間試行し、生態系への影響の有無を把握した上で、20年度から本格実施につなげるとしている。

 この基本方針案に対し、PTの…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら