[PR]

 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズから顧客と運転手の個人情報計約5700万件がハッカーによって盗まれ、ウーバーは情報流出を1年以上にわたって隠していたことがわかった。21日、米ブルームバーグが報じた。

 ブルームバーグの報道によると、盗まれたのは世界中のウーバーの利用者約5千万人の名前、メールアドレスと電話番号のほか、運転手約700万人の個人情報。中には、約60万人の米国人運転手の運転免許証の番号も含まれていた。クレジットカード情報は流出していないという。

 ウーバーは情報流出について規制当局に報告しなかった。さらに、ハッカーに10万ドル(約1100万円)を支払い、盗んだ個人情報を消去し、流出を表沙汰にしないよう求めたという。

 ウーバーは、個人情報が使われ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら