[PR]

 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングス(福岡市)は、一斉に休業する日(休業日)を2018年から設ける方針を固めた。全国の9割超の店舗で、元日を含む計3日間を充てる。ファミレスの休業日の導入は珍しい。傘下の天丼チェーン「てんや」でも、直営の154店舗のうち8割近くで元日を休業日とする方針だ。

 黒須康宏社長が22日、朝日新聞の取材に対して明らかにした。黒須社長は「その(店を休んだ)分の売り上げはなくなるが、従業員が働きやすい職場になることで、お客様の満足度も上げられると判断した」と述べた。

 ロイヤルホストは、フランチャイズ店を含めて全国に220店舗ある。元日も営業する商業施設などに入る一部の店舗を除き、9割以上のロイヤルホストで元日のほか、5月と11月にそれぞれ1日休業する。5月と11月の具体的な日付は決まっていないが、全国で統一する見込み。

 ロイヤルホストは11年ごろから営業時間を短縮し、かつて大半だった24時間営業を17年には廃止した。17年の営業時間の平均は11年と比べ、約3時間短い15・5時間になった。この結果、「ランチやディナーのピーク時に少し人員を補強できた」(黒須社長)という。17年の既存店の売上高も、10年を上回っている。

 日本フードサービス協会(東京)によると、オフィス街の居酒屋チェーンが休業日を設けることはあるが、ファミレスが導入するのはほとんど例がないという。同業のすかいらーくグループの「ガスト」や「バーミヤン」には、商業施設などの休館日を除くと、基本的に休業日はない。導入については「未定」という。セブン&アイ・ホールディングス傘下の「デニーズ」も原則、決まった休業日は導入していない。(山下裕志)