[PR]

 厚生労働省は22日、薬の公定価格となる薬価を決める制度の抜本改革案を公表した。いまは特許期間中のほぼすべての新薬が対象の加算を、治療効果が高く革新的なものに絞り込む。また特許が切れて一定期間経った薬は、後発医薬品(ジェネリック)と同程度の価格に引き下げるとした。

 改革案は、高額薬の相次ぐ登場を受けて医療費抑制を目的に議論されてきたもので、この日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の部会に示された。部会の了承などを得た上で来年度にも導入する。

 薬価はいま、2年に1度見直されている。実勢価格が下がっていれば薬価も引き下げられるが、特許期間中の新薬は薬価改定で値下げされても、「新薬創出等加算」が上乗せされて価格がほぼ維持されている。

 新薬の開発にかけた原資を、製…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら