[PR]

 両足義足の陸上選手として知られ、2012年のロンドン五輪にも出場した南アフリカのオスカー・ピストリウス被告(31)が恋人を射殺した事件で、南アの最高裁は24日、禁錮6年とした高裁判決を上回る禁錮13年5カ月の量刑判決を言い渡した。ロイター通信などによると、高裁の判決に対し検察側が「あまりに寛大すぎる」として上告していた。ピストリウス被告は殺人罪での有罪が確定しており、昨年7月から収監されている。