てんでんこ 皇室と震災・第3部23

 天皇、皇后両陛下の被災地など地方訪問の意味について原武史(はらたけし)・放送大教授(55)は、天皇陛下の名にある「仁」の字に注目する。

 「仁」は儒教の重要な徳目で、思いやりなどを意味する。明治時代初期に宮内省で天皇に進講した儒学者、元田永孚(もとだながざね)が「君主が民に注ぐ愛情や徳」として「仁」を説いた。明治天皇が全国を訪問(巡幸)する際、文明開化や富国強兵の象徴である学校や産業、軍事施設だけでなく、仁の実践として病院や福祉施設を訪れ、民に愛情を注ぐよう期待した。

 大日本帝国憲法で天皇が軍を統…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら