[PR]

 北口を出て少し歩くと、畑の向こうに小さなパン屋「モルゲン ベカライ」がある。主婦やお年寄り、仕事帰りの会社員と、客層は広い。約60種類のパンをそろえ、飲食店が少ない住宅地の食を彩る。

 無添加の生地を低温で長時間寝かせる。ふわふわの食感が3、4日持ち、食パン(1斤302円)が人気だ。スイスで修業した先代の水野晴久さん(62)が、1995年に開いた。

 その7年目。「給料はいらない…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも