[PR]

 東北大が非正規職員の有期雇用契約を5年を超えて更新できないよう規則を改めた問題で、大学は28日、非正規職員を対象にした無期雇用の正職員への採用試験の結果を公表した。応募した821人のうち合格は690人。職員組合によると、不合格となった131人は雇い止めになる可能性が高いという。

 東北大の有期雇用の非正規職員は3759人(今年4月時点)。このうち講師や医師らを除き、約1千人が来年3月末に雇用期間が5年に達する。

 改正労働契約法では来年4月から、通算5年を超えて契約更新を繰り返すと、労働者が無期雇用化を求めることができる。このため東北大は5年を超える契約更新ができないように規則を変更。現在の非正規職員を対象に、業務などを限定した無期雇用の正職員を募集していた。

 大学ホームページによると、試験では9、10月に書類選考や小論文、面接などを実施。職員組合によると、合格者は教授秘書や医療職などが多く、不合格者には事務職が多い。不合格者は来年3月末かそれ以降に雇い止めになる可能性が高いという。

 職員組合は「応募したくても(教授らの)推薦が得られずに断念した人もおり、実際に雇い止めになる人はもっと多い。雇用の安定という法の趣旨に背を向ける脱法行為だ」として改善を求める。

 東北大は「希望する非正規職員全員の無期転換を行うことは大学の経営上困難」などとする見解をホームページに掲載した。(井上充昌)