[PR]

 麻生太郎財務相が29日午前の参院予算委員会で、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)を「サラ金」に例えて答弁し、野党議員からたしなめられる一幕があった。麻生氏は、AIIBから融資を受けた国が返済できずに中国の影響力が強まる事態を懸念する文脈で発言していた。

 増子輝彦氏(民進)の質問に対する答弁。麻生氏は「急にお金を持った人が急にお金貸しになるって、どれだけノウハウがあるのと。私どもはお手並み拝見と思って見ている」と述べた。その上で「(資金を)求めているアジアの国々があるが、金を借りたほうもちゃんと計画を立てて返済しねえと、サラ金に取り込まれちゃうみたいな話になったら元も子もありませんよ」と強調した。

 麻生氏はさらに、「サラ金は、わかりやすく申し上げただけだが、いくつも既にそういう例が出てて、お金返せなくなった代わり99年間借地なんていう話が起きている」とも答弁。こうした発言を受け、増子氏は「サラ金の話とAIIBを比喩しないほうが良い」と指摘した。

 一方、麻生氏に続いて答弁した安倍晋三首相は「麻生大臣から非常に直截(ちょくさい)な説明があった」と述べた。

 AIIBは2016年1月に中国主導で開業。アジアのインフラ整備への投融資を行う。日本はAIIBに参加していない。(山岸一生)

こんなニュースも