【動画】将棋・羽生棋聖が前人未到の「永世七冠」を達成=瀬戸口翼撮影
[PR]

 将棋の羽生善治棋聖(47)が5日、史上初の「永世七冠」を達成した。第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で渡辺明竜王(33)を4勝1敗で破り、通算7期目の竜王を獲得。永世竜王の条件を満たしたことで、規定がある七つのタイトル全てで永世称号を手にした。

 鹿児島県指宿市で4日から行われた第5局。攻勢をとった羽生棋聖がリードを奪い、午後4時23分、87手で大勝負を制した。残り時間は羽生棋聖が1時間15分、渡辺竜王が1時間10分。通算タイトル獲得数は99期に達し、自身の持つ史上最多記録も更新。大台の100期まで、あと1期とした。

 永世称号の規定は各タイトルごとに「通算5期」「連続5期」「通算10期」などと定められている。永世竜王は「連続5期獲得」か「通算7期獲得」が条件。原則、引退後に名乗る。羽生棋聖は2008年に永世名人の資格を得て、棋士の中で初めて六つ目の永世称号をものにしたが、永世竜王にはなかなか手が届かなかった。将棋界には八つのタイトルがあるが、今年新設された叡王は永世称号の規定がない。

 また、47歳2カ月でのタイトル獲得は史上4番目の年長記録となる。

     ◇

 羽生棋聖の話 シリーズが終わったのでほっとした。まだ実感はない。シリーズを通しては、せっかくの機会なので思い切って積極的に行こうというつもりだった。(タイトル獲得99期について)次がいつあるか分からないが、自分なりにいい状態で次のシリーズを迎えられたら。(村瀬信也