[PR]

 JR中央線と富士急行線の乗り継ぎ駅として外国人旅行客の利用も多い大月市の大月駅前広場で1日、冬恒例のイルミネーションの点灯が始まった。

 市民らのカウントダウンの声で午後6時半、約4万球のLED電球に一斉に明かりがともり、雪化粧した富士山や緑のクリスマスツリーが浮かび上がった。今季は子どもたちに人気の市立図書館キャラクター「ツキッピー」をあしらった記念撮影用パネルも登場。観光客や帰省客を出迎える。

 点灯は来年1月21日まで、午後5~11時半。