【動画】絶滅危惧種ヘサキリクガメの孵化に成功=佐藤栞撮影
[PR]

 絶滅危惧種のヘサキリクガメを国内で唯一、飼育している野毛山動物園(横浜市西区)で、2年連続の孵化(ふか)に世界で初めて成功し、子ガメたちのよちよちと動く姿が訪れる人たちを楽しませている。もともとは密輸されて国内で違法に飼育されていたのを保護し、産んだ卵を飼育員が手探りで温めてきた。

 ヘサキリクガメは、アフリカのマダガスカルが原産。のどの下の甲羅(喉甲板〈こうこうばん〉)が、船の舳先(へさき)のように伸びているのが特徴だ。1970年代に森林伐採などで生息数が激減。自然団体が保護していたが、96年に大量に盗まれて各国に密輸されたという。

 日本国内で違法に飼育されていたのを、2004年に警察が押収し、野毛山動物園に初めてやってきた。当時、飼育を担当した桐生大輔さん(47)は、辞書を引きながら海外の雑誌や論文を読んで勉強。マダガスカルの気候に合わせて温度や湿度を調節するなど、手探りで飼育方法を確立した。

 11年にも、ペットショップで…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら