[PR]

 千葉県こども病院(千葉市緑区)は1日、心臓手術を受けた県内の生後1カ月未満の男児がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に感染し、死亡したと発表した。ほかに4人の0歳児からMRSAが見つかり、別の1人は感染していた。院内感染とみて第三者を含む調査委員会を設け、死亡との因果関係や感染経路などを調べる。

 発表によれば、亡くなった男児は先天性の心臓疾患があり、同病院で11月上旬に心臓手術を受けた後、17日に発熱し、19日にMRSAが検出された。血中の酸素が少なくなる「低酸素血症」を発症し21日に死亡した。ほかの5人はいずれも県内在住で0歳の男児2人と女児3人。うち女児1人は感染して発熱したが快方に向かい、菌が検出された4人に発熱などはないという。

 6人は同じ時期に、新生児集中治療室(NICU)や新生児治療室(GCU)、集中治療室(ICU)などで治療を受けていた。

 同病院では2013年にも、体重1千グラム未満の男児がMRSAに感染して亡くなっているという。

 星岡明・病院長は1日夜、千葉県庁での記者会見で「亡くなられた患者様とご遺族には深くおわび申しあげるとともに、ご心配をかけている患者様とご家族、県民の皆様におわび申し上げます」と頭を下げた。