[PR]

 サッカーJ1のヴァンフォーレ(VF)甲府は2日、山梨中銀スタジアムで仙台と対戦し、後半のロスタイムにFWリンスがゴールを決めて1―0で6試合ぶりの勝利を挙げた。しかし、J1残留を争っていた清水も神戸を3―1で下したため、VFは16位となり降格が決まった。VFは来季、2012年以来6年ぶりのJ2で戦う。

「J1、必ず1年で戻る」

 退場者を出して1人少ないVFが、劇的な勝利を挙げた。終了直前、リンスが決勝ゴールを決めた。それでもJ1残留はならなかった。「勝つという執念は見せることができた。でもJ2降格は本当に申し訳ない」とDF山本英臣主将は神妙な面持ちだった。

 リーグ戦を終え、15位広島と…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら