[PR]

 愛知県は、運転席にドライバーが乗らない自動運転の実証実験を14日に同県幸田町で行う方針を決めた。警察庁によると、公道で遠隔制御の自動運転車を走らせるのは全国初という。県は、自動運転技術の実用化に向けた一歩とする考えだ。

 実験は、3次元地図の作製に強いアイサンテクノロジー(名古屋市)、名古屋大学発ベンチャーのティアフォー(同市)などと共同で実施。車両の運転席には運転手が座らず、事前に作製した高精度地図をもとに車に載せたコンピューターが自動制御して走行する。

 走るのは、町中心部にある町民会館周辺の県道など、一般車両も行き来する約0・7キロの周回コース。自動運転用に改造されたミニバンを使い、時速15キロ以下で走る。

 従来の公道実験は、免許を持った人が運転席に乗るなどの条件下で認められてきた。警察庁は6月、通常の車の運転席と同程度に車両の周囲を把握できることなどを条件に「遠隔型」を認める通達を出した。

 今回の実験はこれに沿って、緊急時にブレーキやハンドルを遠隔操作する「運転者」がコース周辺に待機し、走行状況を監視する。離れた場所からも車内の運転席と同じ視界が得られるよう、実験車両にはカメラ6台を設置。映像をバックミラー、サイドミラー、スピードメーターの情報などとともに無線通信で送り、確認できるようにした。

 県は昨年度、幸田町など県内15市町の公道で運転席に人を乗せた自動運転の実験をしてきた。14日は大村秀章知事が試乗する方向だ。

こんなニュースも