[PR]

 コメどころ新潟に転勤して半年あまり。コメの味にも少しはうるさくなったつもりだ。だが、スーパーには「青天の霹靂(へきれき)」(青森)、「銀河のしずく」(岩手)といった、各地のブランド米が次々と並び、食べ比べる暇もない。そんな各地のブランド米を、一番おいしい方法で炊き分けてしまう炊飯器があるという。半信半疑で試してみた。

     ◇

 東京・天王洲アイルにあるパナソニックのショールームを訪れた。用意してもらったのは、炊飯器「W(ダブル)おどり炊き SR―SPX」だ。新潟県が今年から本格販売を始めたブランド米「新之助」を、開発チームのリーダーの加古さおりさんが、手際よく研いで炊飯器にセット。液晶画面で「新之助」モードを選んで、炊飯を始めた。今の炊飯器は、コメの浸水時間も計算されているため、研いだらすぐにセットしていいらしい。

 各メーカーは「かまどで炊いた…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも