[PR]

 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都だと認める方針だと伝えられていることについて、フランスのマクロン大統領は4日、トランプ氏と電話会談し、懸念を伝えた。イスラエルとパレスチナとの和平の行方をいっそう複雑化させかねない行動を思いとどまるよう促した形だ。

 仏大統領府が発表した。マクロン氏は懸念を表明したうえ、「エルサレムの位置づけは、和平協議の中で定められるべきものだ」とも伝えたという。

 エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地。イスラエルは東西エルサレムを「不可分の首都」としているものの、国際社会は首都だと認めていない。一方で、パレスチナは、東イスラエルを将来の独立国家の首都だと位置づけており、トランプ氏の方針に強く反発している。(パリ=青田秀樹)