[PR]

 熊本大学を中心とする研究チームは5日、中古バスを電気自動車(EV)に改造し、来年2月から実際のバス路線を走らせる実証試験を行うと発表した。中古車両と市販EVのバッテリーを活用するなどして経費を節減。格安でEVバスを導入できる環境を整える。

 医療用のX線車や消防車など特装車両を製造するイズミ車体製作所(大津町)が車両を担当。九州産交バス(熊本市)の中古のバスの車体に、日産自動車のEV「リーフ」で使われるバッテリーパック4個を載せる。モーターも通常のEV用モーターのギアを改造するなどして、バス用に出力を向上させたという。市販車両向けの量産部品を使い、部品コストを抑える。

 新車のEVバスの価格は約8千万円と、通常の路線バスの4倍近いとされる。中古の車両であれば1千万円程度で改造ができるようになるという。

 実験では、九州産交バスの交通…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら