[PR]

 神戸製鋼所は5日、品質管理体制などに問題があるとして、長府製造所(山口県下関市)のアルミ押出工場について日本工業規格(JIS)のJIS認証の一時停止の通知を受けたと発表した。同工場でつくるアルミニウム合金製品などでJISマークを表示して出荷することはできなくなる。

 神鋼は、一連の品質データ改ざん問題で、子会社「コベルコマテリアル銅管」の秦野工場で2回にわたってJIS認証を取り消されている。

こんなニュースも