[PR]

 元横綱日馬富士から暴行を受けたとされる幕内貴ノ岩が、冬巡業を休場しながら診断書を提出していないことを受け、日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が5日、所属する貴乃花部屋を訪ね、診断書を提出するよう求める文書をポストに投函(とうかん)した。師匠の貴乃花親方(元横綱)とは電話で連絡が取れず、この訪問時は不在だったという。暴行問題を巡っては、協会の貴ノ岩への聞き取りを貴乃花親方が拒否している。