[PR]

 羽生善治棋聖が「永世七冠」達成後、記者会見に臨んだ。一問一答は次の通り。

――永世七冠をとった今の気持ちは

 もちろん、一つの大きな記録を達成できたことは非常にうれしい。竜王戦では今まで何度もシリーズで負けてきたこともありますので、そういう意味で結果が出せたことは非常に充実感も感じています。

――2008年、10年と挑戦されて、特に08年は3連勝4連敗で非常に惜しかったこともあり、今回はかなり気合の入ったシリーズだったんでしょうか。

 今期の竜王戦に関して言うと、本戦トーナメントも厳しい対局も多かったですし、挑戦者になれたのは非常に幸運だったなあという気持ちでいました。なかなか1回のチャンスを生かし切らないと次いつあるか、ないかもしれないですし、そういう意味で今回は自分にとっても、もしかしたら最後のチャンスかもしれないという気持ちで臨んでいました。

――シリーズ全体を総括して今、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら