[PR]

 ヤマハ発動機は、前輪二つ、後輪一つの原付き三輪バイク「トリシティ125」(排気量125cc)の2018年モデルを1月20日に発売する。水冷式の新しいエンジンを搭載し、燃料1リットルあたりの燃費は46.2kmと前のモデルより10.4km向上した。LEDヘッドランプを採用したほか、携帯電話が充電できる電源ジャック付きの小物入れも設けた。

 座席下のトランクの容量も23.5リットルと3.5リットル増やして利便性を向上させた。前輪が二つの三輪バイクは安定感が高く、運転しやすい。販売計画は年間1500台。ヤマハ発によると、40代の通勤利用者が多いという。タイのグループ会社の工場で生産する。消費税込み39万4200円から。