[PR]

 ロシアのプーチン大統領は6日、来年3月に予定されている大統領選挙への立候補を表明した。唐突な表明には、ドーピング問題による平昌冬季五輪へのロシア選手団の参加禁止という悪いニュースを打ち消し、政権への批判を和らげる狙いもありそうだ。

 プーチン氏はこの日、トラック工場の式典に出席。工場従業員の支持の声に応じる形で、突然「立候補する」と宣言した。具体的な抱負などは述べなかった。

 ロシアでは、五輪選手団の派遣禁止への落胆が広がっていた。ロシア国営テレビはロシア代表選手団が参加しないなら五輪を中継しないと表明。「完全な不参加を決めるべきだ」(レベデフ下院副議長)などとボイコットを呼びかける声も出ていた。

 プーチン氏は先月、「2月に五…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも