[PR]

 自衛官出身の佐藤正久外務副大臣(自民党)が自衛隊員の「服務の宣誓」を引用して副大臣就任の決意表明をした問題で、佐藤氏は7日の参院外交防衛委員会で、「結果として誤解を招いたとすれば大変遺憾だ」と述べた。

 民進党の小西洋之氏への答弁。佐藤氏は「私のあいさつは『服務の宣誓』ではなく、外務副大臣として職務をまっとうするという私自身の基本姿勢を述べたものだ」と釈明した。

 佐藤氏は5日の参院外交防衛委員会で副大臣の就任に関し、「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える決意であります」と述べ、野党から批判が出ていた。