[PR]

 山梨県の峡北地域を中心にスーパーマーケットを展開する「やまと」(韮崎市富士見2丁目、小林久社長)は6日夜、全9店の営業を停止し、来週中にも甲府地裁に破産を申し立てると表明した。同業他社などとの競争の激化で業績が低迷し、事業継続が困難と判断した。

 信用調査会社帝国データバンク甲府支店によると、負債総額は約16億6900万円(今年6月期決算)。やまとは1912(大正元)年、鮮魚店として創業し、51年に株式会社となった。2008年には16店舗を展開し、同年6月期の年売上高は約64億4300万円を計上した。

 しかし、大手量販店の進出や同業他社との競争激化で売り上げが減少。14年6月期の売上高は約47億9200万円に縮小し、債務超過に陥った。不採算店の閉鎖などで立て直しを図ったが、今年6月期の売上高は約27億4700万円に落ち込み、4期連続の減収赤字決算となったという。

 やまとによると、今月に入り、取引先に信用不安が広がり納入が減少。年末商戦に向けて商品を十分に確保できる見通しが立たず店舗の閉鎖を決めたという。約180人の社員・パートは6日付で全員解雇し、再就職を支援する。

 やまとは地域貢献への取り組み…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら