[PR]

 広島県東広島市の山陽自動車道で昨年3月、トラックが車列に追突し、2人が死亡した多重事故について、国の事業用自動車事故調査委員会が6日、調査報告書を公表した。運転手が事故前に一睡もせず計36時間乗務を続けていたことなど、事故に至るまでの詳細な状況が明らかになった。

 【事故状況など】

 昨年3月17日午前7時26分ごろ、東広島市の八本松トンネルで渋滞中の車列に男性運転手(34)のトラックが時速約80キロで追突。計12台がからむ多重事故となり2人が死亡した。運転手は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)罪などに問われ、懲役4年の判決が確定した。

 報告書によると、運転手は勤め先に関して「休みがとれなくてイライラしたことも多かった」とする一方、「疲れているとか眠いということは、弱音を吐いていると思われるので運行管理者=道路交通法違反(過労運転下命)罪などで懲役1年6カ月執行猶予3年が確定=には言わなかった」と説明した。報告書はこうした聞き取りや運行状況のデータから事故3日前の動きを詳細に調べた。

 【事故3日前~2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら