[PR]

(7日、フィギュアスケート・グランプリGPファイナルSP)

 宇野昌磨は演技を終えると、舌をぺろっと出して思わず笑った。「悔しいというより、面白いこけ方をした。ジャンプの着地が前すぎたのか、気づいたら氷がなかった」。得意のジャンプのトリプルアクセル(3回転半)の着氷が乱れて足を滑らせ、転んでしまった。さらにタイムオーバーで減点。それでも100点超えの高得点で2位につけ、地元の期待に応えた。

 インフルエンザ明けで出場した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら