[PR]

 シャープの戴正呉(たいせいご)社長は7日、東京都内で記者会見し、「中期経営計画最終年度の2019年度まで全力をあげて(経営に)取り組む」と述べた。社長などとして、経営を担う考えを示したものだ。一方で、来年1~6月の間に、次期社長を意識した共同CEO(最高経営責任者)を選ぶ考えも示した。

 戴社長はこれまで、東証1部復帰後に、社長職を退くとしていた。シャープは7日、1部に復帰した。ただ、今後3年で売上高を1・6倍の3兆2500億円とする中期経営計画の達成を「私の使命」として、計画終了までは経営の中枢に残ることを明言した。

こんなニュースも