[PR]

 「梨花ちゃん頑張れ!」

 7日に名古屋市で開幕したフィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルの女子ショートプログラム(SP)で、1番目の紀平梨花(関大ク)がリンクに立つと、大きな声援が起きた。

 取材ゾーンのテレビ画面で見守る報道関係者たちは、腕を組んだり、ノートに記したり。演技後、取材陣のインタビューに応じた紀平の一問一答は次の通り。

 ――本当に素晴らしい演技でした。どうでしたか?

 (笑顔を見せながら)「去年より緊張感がなかったのでリラックスしてできたのかなと思います」

 ――明後日のフリーにはトリプルアクセル(3回転半)ジャンプが二つ入っています。

 「とにかくジャンプを丁寧に決めたいなと思っています。練習してきた表現力とか、そういう面でも点をもらいたいなと思います」

 ――終わった後、どんな気持ちでしたか?

 「全日本ジュニアでは朝練習で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら