[PR]

 「ああっ!」

 会場の日本ガイシホール1階の取材ゾーンで、テレビ画面で見守っていた記者たちが声を上げた。

 7日に名古屋市で開幕したフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの男子ショートプログラム(SP)で、5番目の宇野昌磨(トヨタ自動車)は中盤のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプで転倒。演技を終えると、思わず舌を出していたずらっぽく笑った。それでも会場からは大きな拍手がわき起こった。

 宇野の一問一答は次の通り。

 ――演技が終わった直後、舌を大きく出していましたが、率直にどんな思いでしたか?

 「新しい失敗の仕方をしてしま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら