[PR]

 クリスマスシーズンに向け、「有田みかん」をモチーフにしたキャラクター「あり太くん」と有田市職員が7日、朝日新聞和歌山総局(和歌山市七番丁)を訪れ、有田みかんを使ったスイーツをアピールした。

 スイーツは、11月に神戸市内で開かれた洋菓子コンテスト「ノエル・アリダ・スイーツコンテスト2017」で、56点の応募から最優秀の賞に選ばれた作品。有田みかんとマロンがバランス良く使われ、まろやかな食感を楽しめる。ツリーをイメージした形も愛らしい。和歌山市の専門学校生、太田流菜さん(20)が考案した。

 最優秀作品は、県内と東京の店舗で商品化して販売。販売期間や店舗は有田市のホームページで見られる。(土井恵里奈)