【動画】東京五輪パラのマスコット候補、小学生とくまモンの意見は……
[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会公式マスコットの最終候補3作品が7日、公表された。希望する全国の小学校が来年2月までクラス単位の投票をし、最も票を集めた作品がマスコットになる。大会を象徴するのにふさわしいキャラクターはどれか。「有権者」の小学生に感想を聞いた。(照屋健)

 類似した作品があり、選考過程も閉鎖的だと指摘を受けて白紙撤回に追い込まれた旧エンブレム選考法の反省を踏まえ、大会組織委員会はマスコットについては広く一般公募し、2042作品が集まった。タレントの中川翔子さん、慶大特別招聘教授の夏野剛さんら15委員からなる大会組織委のマスコット審査会(座長=宮田亮平・文化庁長官)が最終的に3作品に絞り、国内外の商標・意匠調査などを済ませた上で、7日に公表した。11日から来年2月22日まで、希望する全国の小学校や特別支援学校で投票(1クラス1票)が行われる。もっとも票を集めた作品に決まり、同月28日に発表される。名前などは来年夏に発表される予定。

 大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演するなど、テレビドラマやCMなどで活躍する小学3年の子役タレント、寺田心(こころ)くん(9)は東京五輪・パラリンピックのマスコットの最終候補となった3作品を見て、じっくり考えた。「どれもかわいくて、迷っちゃうなあ。悩んじゃいました」

 アの案は「オリンピックのエン…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース