[PR]

 北朝鮮籍とみられる木造船が着岸し、小屋から家電などがなくなった北海道松前町沖の無人島・松前小島。小屋を管理する男性(67)が7日、「ドアノブまでなくなった」と室内の状況を語った。

 北海道警がヘリで木造船を発見したのは先月28日。第1管区海上保安本部が乗組員の上陸を確認したが、翌29日には船は海上に移動。乗組員は巡視船の前で海に家電を投棄したという。その後の海保の立ち入り検査で、木造船内からテレビや冷蔵庫などが見つかった。

 「あらゆる配線が引き抜かれ、何から何までなくなっていた」と小屋を管理する男性は話す。入り口がこじ開けられ、テレビや冷蔵庫などのほか、「ドアノブ、ちょうつがいまで取られてぼうぜんとした」。

 島の灯台では1枚30キロ以上…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら