[PR]

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)は7日、名古屋市の日本ガイシホールで開幕して男女のショートプログラム(SP)があり、男子では初出場の須本光希(大阪・浪速高)がトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを成功させるなど自己ベストを更新する77・10点で3位に入った。1位はアレクセイ・クラスノジョン(米)の81・33点だった。

 女子では紀平梨花(関大ク)が連続3回転ジャンプを決めるなど、ミスのない演技で66・82点をマークし、4位スタート。アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がジュニア歴代最高得点の73・25点で首位に立った。