[PR]

 東京都港区の都営住宅などで7日、サルの目撃情報が相次いだ。警視庁は、大田区などで目撃されたサルが移動してきたとみており、見つけた場合には近づいたりエサを与えたりしないよう注意を呼びかけている。

 高輪署によると、7日午前8時前から午後2時40分までに、港区港南1丁目などで「サルが出た」といった110番通報が5件あった。午前8時10分ごろと正午前には、港南3丁目の都営住宅の2階と3階のベランダに姿を見せたという。けが人の情報はない。

 川崎市幸区や横浜市鶴見区では、11月下旬から今月5日までに、サルの目撃通報が約40件。大田区では5日から6日にかけて、20件以上の110番通報があった。同じサルが神奈川から都心に移動している可能性があるという。