[PR]

 韓国のKEBハナ銀行は6日、極めて精巧な偽100ドル札「スーパーノート」の新型を発見したと発表した。新たに見つかったのは、2006年製。これまでのスーパーノートは1996年、01年、03年製に限られていたという。北朝鮮製かどうかは、更に分析が必要とした。

 新型は、ベンジャミン・フランクリンの肖像画の目と口などが本物と微妙に違うだけ。見る角度によって色が変化する特殊インクや用紙を使っており、極めて精巧な出来栄えという。

 同銀行に持ち込まれた偽札を、情報機関の国家情報院が詳細に分析した結果、新型と判定されたという。同銀行は新型の特徴や本物との識別方法などを韓国金融機関と共有したという。

 北朝鮮は06年の米朝協議で米国から偽造疑惑の指摘を受けた際、偽札が北朝鮮国内で流通していたことは認めたが、政府の関与は否定した。北朝鮮関係筋によれば、北朝鮮内にはスーパーノートを正価の7割(70ドル)で買い取る専門商人も存在するという。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも