[PR]

 小学2年の女児(8)を包丁で刺したとして、奈良県警は7日、同県生駒市鹿ノ台南2丁目のパート従業員、千阪利恵容疑者(41)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「刺したことに間違いありません」と供述しているという。

 生駒署によると、千阪容疑者は7日午後4時10分ごろ、自宅で女児を包丁で刺した疑いがある。女児は千阪容疑者の息子と同学年で、刺し傷は胸などに複数あったという。

 奈良市・生駒市消防指令センターによると、同12分に女性の声で携帯電話から「子どもがけがをしている」と119番通報があった。

 同署によると、千阪容疑者宅には当時、2人のほか、千阪容疑者の息子がいたという。女児は搬送時は受け答えができる状態で、病院で治療を受けている。

 現場は近鉄けいはんな線学研奈良登美ケ丘駅から北西に約1キロの住宅地。千阪容疑者の自宅前の道路は県警による規制線でふさがれ、近くの住民は不安げに様子を見守っていた。

 息子が被害女児と同じ小学校で同学年という30代の男性は「こんな静かなところでこんな事件が起こるなんて。とても不安です」と話した。