[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が7日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の7回戦に勝ち、開幕から7連勝とした。終盤で解説者も驚くような手を放ってからは徐々にリードを広げ、14時間近い長期戦を制した。

 対戦した高野智史四段(24)の順位戦の成績はここまで5勝1敗。50人いる同組で、三つの昇級枠を争う競争相手の一人だ。後手番の高野四段が、流行中の戦術「雁木(がんぎ)」を選択。その後、互いに戦機をうかがう展開が続き、午後8時を過ぎてからようやく本格的な戦いが始まった。

 藤井四段は一時守勢に立たされたが、戦いの中で玉を安全地帯に移動させることに成功。後手が△8六歩と歩を打った図の局面を迎えた。次に△8七歩成が狙いだ。

 藤井四段はここで▲9七桂と香取りに打った。これが、ネット中継の解説者が「すごい手ですね」と驚きの声を上げた一手だった。

 この局面では、▲6四銀と打って、相手の飛車や角を取りにいく手も考えられる。しかし、銀を手放すのはリスクもある。▲9七桂は▲8五桂と取ってから6四に香を打つ狙いだが、自分の飛車の働きを悪くするような場所である上、相手の玉からも遠いため、考えにくい。対局後、高野四段も「見えていなかった」と明かした。

 ここで持ち時間の差が影響する…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら