[PR]

◇混迷の民進を象徴 野党共闘狙う団体「残念」

 鈴木義弘衆院議員(比例北関東)が13日、民進党に離党届を出した。会見で野党共闘を批判し、その先頭にいて、代表選で敗れた枝野幸男代表代行(埼玉5区)らの姿勢を批判。新体制で登用された大島敦幹事長(埼玉6区)の調整は不発で、混迷する民進党の縮図を見るよ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら