[PR]

 狛江市が市の魅力を発信する3分間の動画を作り、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。「行きたい」「食べたい」「体験したい」の視点から市を紹介。市観光大使のハリセンボン・近藤春菜さんもメッセージを寄せている。

 「行きたい」では市域を流れる多摩川でのいかだレースや生きもの調査会などの催しを紹介。「食べたい」では狛江産の野菜やグルメ、「体験したい」では市内で盛んな絵手紙を紹介している。市出身の近藤さんも「新宿から電車で20分。みんなで遊びにきてね~!」とPRしている。

 東京都と神奈川県との境に位置する狛江市は、日本で2番目に小さい市。担当者は「都民でも知る人ぞ知る街だが、いいところがたくさんある。まずは市外の人に知ってもらい、訪れてほしい」と意気込む。アドレスはhttps://www.youtube.com/watch?v=idlJCdj8KeQ。